スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ミニ四駆のコース自作
ミニ四駆のコースを自作しました。

102203.jpg

家を建てて、自分の部屋ができたときに、ミニ四駆を一台買って机の上に飾っていました。

このサンダードラゴンです。小学生の時はすごくカッコよくてキラキラして見えた気がしますが、まぁ今見ても、いいな、と思います。
102202.jpg

で、少し前にミニ四駆のコースをおもちゃ屋さんに見に行ったら、結構高いんですね。


楽天だとこの値段ですけど、街のおもちゃ屋さんで見たときは1万円ぐらいでした。

最近、何気なくネットサーフィンをしていたら、多くの人が自作しているということを知り、早速、週末の休みを使って自作しました。

結構疲れたけど、結局は1日でできました。

準備した材料は

・プラダン1800×900を3枚 カーマホームセンターで購入

・グルーガンとグルースティック  100円ショップのセリアで購入

・養生テープ

・カッター

・ベニヤ板 (カッターでプラダンを切断するときの下敷き用)

・長めの定規

・油性ペン

102201.jpg

以上です。

工程ですが、画像にも写っているとおり、タミヤのHPからコースの設計図をダウンロードできます。

1.コースの床面になる部分をプラダンに線を引いていく。

2.コースの壁(高さ5cm)を、プラダンの端のほうから切り出していく。

3.切り出した壁を養生テープを使って床面に仮止めする。

4.仮止めしたところをグルーガンを使って接着する。

ひたすらこの工程を繰り返して部品を作っていいきます。

出来上がりは結構大きく、収納に困るので、自分は5つのパーツにわけて、使う時だけ養生テープでとめて使っています。

難しいところは、カーブの曲線とコースチェンジのところです。

カーブの曲線は、2点を決めて養生テープでしっかりと仮止めすれば自然と曲線になるので、手早くグルーガンで接着すればそれほどむずかしくありません。コツをつかんだ後半は、だいぶ楽に作れました。

コースチェンジの部分は設計図のようなきれいな曲線は難しく断念しました。

で、坂を登る部分、斜めに横断する部分、坂を下る部分と三分割してカクカクした感じにしました。実際に走らせてみても違和感なく、まぁまぁうまくできたかなと思っています。
102205.jpg


今回、接着に使ったグルーガンとグルースティックですが、今回初めて存在を認識しましたが、なかなか使えます。


セリアでも手芸コーナーに置いてあったので、それ用なんでしょうが、日曜大工にも十分に使えると思います。

プラダンどうしの接着でも、すぐに乾いて、しっかり接着されます。

今回は100円ショップので済ませたのですが、ON、OFFスイッチがないことや、構造的にスティックを最後まで使いきれないこと、コンセントを抜いても冷えるまで液が垂れてくること、など、使い勝手の点では今一つでした。

いろいろな場面で使えそうなので、次何か機会があれば、少しお金を出していいやつを買いたいと思います。

そんなこんなで完成した自作のコースですが、最初の2~3日は、子供が喜んでミニ四駆を走らせていましたので、まぁ作ってよかったなと思っています。
スポンサーサイト
[2015/10/22 23:48] | ミニ四駆 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | ファミリーキャンプへの第一歩>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sevennowar.blog.fc2.com/tb.php/87-4b68c22f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。