スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
バスルームで減額を検討するも現状維持
平成25年になってから、毎週末を減額調整の打ち合わせです。

我が家のバスルームは、いつの間にか家づくりにおいて結構な

こだわりの場所になっており、3階に在来工法で設置予定です。

バスルーム関連で減額案として出たのは、
①水栓をグローエからLIXIL ▲20万円 (不採用)
②在来工法からハーフユニット ▲7万円 (不採用)
③出入り口をガラス扉(ガラス加工?)から普通の扉 ▲30万円 (採用)
こんな感じでした。


①水栓
水栓は当初、カタログで選んだ時点では、これをつけたいと思ってました。
72.jpg
この画像の右下にある埋め込み式の取っ手だけですけど。

で、実物を見ようと名古屋金山の真野工業のショールームに行きましたら、

カタログでは上の画像のが圧倒的にかっこいいんですが、実物をみると

こちらのほうが我が家のバスルームに合うんじゃないかってことになりました。
73.jpg

シャワーヘッドもこれなんで、まるっきりこのまま設置予定です。

ただ、これは高いです。サーモスタットが埋め込み式なので

工賃も高いのか知りませんが、LIXILのにすると▲20万円。


とはいえ、お風呂は今後そう気軽にリフォームもできなさそうなので、

逆に20万円程度なら頑張って出そうってことになりました。



そもそもお風呂を在来工法ではなくハーフユニットに

するというのも検討しましたが、▲7万円ぐらいだったので、

現状維持にしました。


お風呂の出入り口の扉ですが、当初はガラスを加工してもらって

シュッとしたガラス扉を作ってもらう予定でした。

ただ、これが結構高く、我々もそこまでこだわりはありませんので、

普通の↓こんな感じのに変更してもらう予定でした。
75.jpg

これで▲30万円。スタイリッシュな感じはありませんが、

まぁしょーがないと思っていたところ、見つけてしまいました。


たまたま名古屋星が丘の「デザインの間」にケーキを食べに行ったら

これを見つけてしまったのです。
76.jpg

YKKAPのサニーセーフHGタイプという商品です。

けっこうおしゃれな感じじゃないですか。でも、これでも

いわゆる普通のアルミドアなので▲30万円ですよ。納得ですよ。


デザインの間は、行くたびにいつも何か発見がありますので、

本当にいいところです。東海地区でマイホームを検討している方は

絶対に一度は行くといいと思います。


あと、我が家のお風呂はタイル張りです。タイルはいまのところ

こんな感じに張ってもらう予定です。
74.jpg

これは名古屋モザイクのカタログに載っている施工例なんですが、

このまんまタイル張ってください。とお願いしてあります。

床のタイルは、LIXILのサーモタイルって、冬でも冷たく

なりにくいやつです。


お風呂の図面はこんな感じですけど、
77.jpg
ポップなタイル張りだし、水栓とか浴槽とかしゃれおつだし、

バルコニーにそのまま出られるし、春には桜が見えそうだし、

お風呂の出来上がりは本当に楽しみです。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2013/02/05 00:23] | 減額調整 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
床材と機器関係の減額
外壁と内装で107万円の減額した建築費用ですが、

まだまだ1,000万円近く当初予算をオーバー

している我が家の建築費用です。

床材や建具などのも見直せるところは見直していきます。

①(一部採用)
<実施設計>
 全体的に無垢のフローリング
   ↓
<減額案>
 リビングのみ無垢で、それ以外は合板フローリング
 ▲15万円

②(採用)
<実施設計>
 ダイニングの窓を全面開口窓+電動シャッター
   ↓
 ひき違い窓+電動シャッター取りやめ
 ▲14万円

③(採用)
 <実施設計>
 玄関ホール タイル張り
   ↓
 モルタル金コテ仕上げ
 ▲2万5千円

④(採用
 <実施設計>
 キッチン食洗機 ミーレ
   ↓
 国内メーカー製
 ▲14万円

⑤(不採用)
<実施設計>
 3階トイレ タンクレス LIXILサティス
   ↓
 タンクトイレ
 ▲4万円


①は減額調整の打ち合わせの中で、こちらから「別に無垢でなくても」

と提案した内容でした。

妻などは、だんだんと減額することが目的になってきて、リビング以外は

ラワン合板仕上げでもいいと言い出す始末。
70.jpg

全体がこんな感じで統一されていれば、これはこれで味があるのかも

知れませんが、一部がこんな感じですと、明らかに予算を抑えるため

ということがわかってしまうのではないかと思いました。

また、材料代が減額になるからといって、細かく床材を変えると

張り手間がかかって、大した減額にならないそうです。


全体の雰囲気も重視したいけども、減額もしなくちゃという中で、

最終的に1階2階は無垢フローリング、3階は合板フローリングで、

と落ち着いたところ、D建築さんから

「3階もサービス工事で無垢にしておきます」とおっしゃっていただき、

3階部分の無垢から合板への材料代分は値引きという形になりました。


②については、結構こだわりのある部分だったのですが、

しぶしぶ取りやめ、減額です。

当初は折りたたみのフルオープンサッシを取り付ける予定でした。
71.jpg

ただ、これ防火地域の場合は電動シャッターを取り付けないといけなくて、

我が家も防火地域なので、電動シャッターが結構高くつきます。


きっと、窓を閉めた状態では引き違い窓のほうが外がよく見えるはず、

と納得して、普通のサッシにしました。

③の玄関タイルは、ダイニングと同じタイルを張るようにしていましたが、

モルタル金コテ仕上げのほうが、無骨なロックな感じになるかと思い、

納得の減額でした。

④の食洗機は、当初、実物を見にいった時はミーレがいいと言っていた妻が

別に食洗機なくてもいい、とまで言い出したため、とりあえず国内メーカー

のものとしておきました。

⑤のトイレは、4万円程度の割にはかなりダサいトイレになってしまうので、

そのままタンクレスにすることにしました。


床材と機器関係で36万円ぐらいの減額です。
[2013/02/04 00:46] | 減額調整 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
外壁や内装の見直しによる減額
軽く1,000万円以上オーバーしている建築費用を

少しでも抑えるために、色々と減額項目案を挙げていきます。


その中で金額的に影響が大きく、ただ見た目で違いがわかって

しまうのが、外壁や内装の見直しによる減額です。

①(一部採用)
<実施設計>
 外壁ラスモル+TOTOハイドロテクト
   ↓
<減額案>
 無塗装サイディング+アイカ工業ジョリパットJQ650
 ▲89万円

②(不採用)
<実施設計>
 1階の一部をRC造
   ↓
<減額案>
 木造軸組
 ▲74万円

③(採用)
<実施設計>
 ダイニング壁のうち1面をタイル張り
   ↓
<減額案>
 AAクロス
 ▲49万円

④(採用)
<実施設計>
 サニタリー壁面の腰上部分タイル張り
   ↓
<減額案>
 AAクロス
 ▲27万円

③④はあまりこだわりのある部分ではなかったので、即決でした。

特に③は安いタイルを選んだつもりだったのですが、1㎡当たりの

単価だと思っていたのが、実は1枚当たりの単価だったたため

めちゃくちゃ高額になっていたようでした。

④は腰上となっていますが、下の部分は引き続きタイル張りです。


というのも1枚50円というバカ安価格タイルをすでに購入済みで

施主支給予定だからです。


①はやはりモルタルの質感が捨てきれませんでした。

たぶんこんな感じの仕上がりになるはずです。
68.jpg

これが無塗装サイディングだと、たぶんこんな感じです。
69.jpg


塗装は仕様を落としました。ハイドロテクトは光触媒を用いて、

汚れに強いだけでなく、抗菌、抗カビ、空気清浄など、

とっても環境にやさしい高品質な塗料のようです。

ただ、ジョリパットも防汚効果はあるとのことで、ここは仕様を落としました。


②につきましては、個人的には採用してもいいものですが、

妻の家づくりのこだわりであるということと、設計士のKさんも

できればこのままRC造のままで、ということだったため、

不採用にしました。


外壁、内装で約107万円の減額です。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2013/02/04 00:30] | 減額調整 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。