スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「デザインの間」で各社のIHを比較
平成24年8月19日(日)に、名古屋の星が丘にある

「デザインの間」に行って、各社のIHをお触りして

比較してきました。

キッチンは「kitchenhouse」にお願いする予定なので、とりあえず

IHはパナソニックのもので見積もりを出してもらっているところですが、

一応いろいろなメーカーを比較して決めたいなということに

なっていました。その辺の経緯はこちらです。

「デザインの間」は、電化厨房のPR施設なのでシステムキッチンを

中心に、住宅の設備や建材など様々なメーカーの商品を見て触ることが

できます。

ちなみにキッチンは、パナソニックとハウステックとヤマハリビングテック

とLIXILのがありまして、IHはそれぞれにパナソニック、日立、三菱電機

東芝のものが設置してありました。

51.jpg
<奥に4台システムキッチンが並んでいます。>


家族4人揃って真夏の昼下がりにお出かけですが、子供のご機嫌をとるためにも、

まずは併設のカフェでケーキを食べました。

53.jpg

キッチンのショールーム的な感じですので、ダイニングテーブルなども置いてあるのですが、

注文したケーキやコーヒーをダイニングテーブルに自由に座って食べることができます。

名古屋のシャレオツな家具屋さんなども出展しているため、有名な北欧家具なども

あちこちに置いてあります。

今回はセブンチェアのダイニングセットに座ってケーキを食べ

「やっぱりセブンチェアは座り心地がいいよね」などと言ってみます。


食べ終わったところで、子供は子供用スペースで遊ばせておき、さっそくIH探訪です。

が、なぜかそれぞれのIHの前に衝立が置いてあり、イマイチ見づらいです。

「節電期間中は料理イベントやセミナーはお休みします」とのことです。

勝手に衝立をよけてIHをなでまわしていたら、店員の方が

「IHをご検討ですか」などと声をかけてくれて、順番に各社のIHを見ながら、

それぞれの説明を受けました。

○パナソニック
 ・タッチパネルで表面がすっきりしている。
 ・グリルが網じゃなくてお皿タイプで掃除がとっても楽ちんそう。
○日立
 ・タッチパネルだけどパナソニックほど表面がすっきりしていない。
○三菱電機
 ・押しボタン式で表面がすっきりしていない。
 ・グリルが横長で出し入れしやすそう。パンが焼ける。
 ・火力調整が回転式のつまみ
○東芝
 ・表面の枠がなくてすっきり。海外メーカーっぽい。
○シャープ
 ・グリルがヘルシオ!!

とこんな感じです。

料理がおいしくできるようにいろいろな工夫がされていますが、携帯電話と

同じで、たぶんそんなに機能を使いこなせません。

ちなみに店員さんに聞いたところ、やはりパナソニックが一番シェアがあるそうです。

ということで、我が家も結局パナソニックにすることにしました。

決め手としては、グリルがお皿タイプで掃除が楽ちんということと、

一番売れているメーカーで安心感があるということです。


シャープの魚焼きグリルがヘルシオである点はとっても魅力的ですが、

会社的にいろいろと話題になっていますし、主に使用する妻が全く

その点に惹かれていないため、検討の俎上にも上がりませんでした。


各社のIHの様子が分かったという方。
クリックをお願いしまーす。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2012/09/04 00:20] | キッチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キッチンのプランとデザインの間。最後に見積金額
先日、kitchenhouseのショールームに行ってきましたが

キッチンプランと見積書を、先日いただきました。


たぶんですけど、各メーカーの標準的な仕様のキッチンが

設置できるような間取りではないので、いろいろなメーカーを

比較して、という選択肢は我が家にはないんだと思います。


ですので、kitchenhouseにするかどうかで迷う余地はなく、

あとはこのプランの中身を練っていくのかなぁという感じです。

まぁ、キッチンの間取りにあわせたカスタムプランなので、

金額面さえ折り合いがつけば、メーカーで迷う必要もない、

ということは、手間が省けてよかったのかも知れません。


で、まずは我が家のキッチンの配置はこんな感じでーす。
47.jpg

左側のカウンターが流し台とダイニングテーブルで、

右側のカウンターがIHクッキングヒーターが設置

されてます。

基本設計の図面では、右側のカウンターもそれなりの

スペースがあるのかと思いましたけど、こうして見ると

IHを置いたら、それだけで一杯です。


それぞれのカウンターの引出とか設備とかの配置

プランはこんな感じでーす。
48.jpg

キッチン台は広ければ広いほどいいってことはなくて、

作業動線を考えるとI型キッチンの場合、間口270cm

までぐらいが丁度いいそうです。

システムキッチンの各メーカーの標準仕様をみると、

だいたい255cmか270cmが多いみたいです。

我が家の場合、カウンターが二手に分かれてますけど、

トータルで280cmぐらいありますので、まぁ

作業スペースや、引き出し等の収納スペースは

十分確保できるのかなぁと思っています。


赤い数字がふってありますが、それぞれの設備や

収納がこんな感じでーす。
49.jpg

ミーレの食洗器やアリアフィーナのレンジフードが設置される

ことになっていますよ。


あとはIHクッキングヒーターについては、とりあえず

パナソニックのを設置することにしていますが、日立や

三菱電機のものなどもいろいろと比較してみるつもりです。

そのために、近々、名古屋の星が丘にある「デザインの間

に行ってきたいと思います。
50.jpg

ここは、電化厨房のPR施設なんですけど、カフェが併設

されていて、向かいのスタバが満席でもだいたい空いています。


また、こんな感じで4社(パナソニックとかLIXILとか)の

キッチンがショールームっぽく展示されているんですけど、
51.jpg

カフェで注文したコーヒーとかを自由にダイニングテーブルにも

座って飲み食いできるんです。

たしかIHなんかも各社のものが置いてあったり、

キッチン用品以外にもお風呂や建材のいろいろなメーカーの

パンフレットが置いてありましたので、家づくり真っ最中の

方々なら、一度は行ってみて損はないと思います。


で、キッチンの見積もり金額ですけど、なんと驚きの

300万円オーバーです。

とはいえ、これは定価で、実際工務店を通して発注すると

4割~5割は安くなるので安心してください、と建築家Kさんは

言いますけど、ホントに大丈夫かどうかは心配です。


デザインの間に行ってみよーかなーと思った方
クリックをお願いしまーす。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2012/08/06 00:34] | キッチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミーレ グローエ アリアフィーナ パナソニック
「KITCHEN HOUSE」のショールームにいった話の続きです。

キッチン台の素材や色などに続いて、設備も決めていきます。

とは言っても、この断面ではとりあえず見積もりを出してもらって

予算に応じて変更していくということが今後あるんだと思いますが。


まずは水栓です。

「浄水器は必要ですか?」と聞かれましたので、「まぁ、あれば」

と返答すると、浄水の専用水栓をつけるか、水道水と浄水の

複合水栓にするか、と聞かれました。


建築家のKさんから「水道水と浄水を同時に出すことなんてない」

というアドバイスもあり、見た目すっきりな複合水栓にしました。

そうしたところ、水栓は自動的にこれ↓になりました。
25.jpg

画像で見ると頼りない感じですが、先端が引き延ばせてハンドシャワー

になっていることや、ショールームでみた実物は、↓こういうのに

26.jpg

比べてとってもおしゃれな感じがありましたので、「よし」です。


「浄水器必要」とした時点で「三菱レイヨンクリンスイ」のシンク下に

カートリッジを設置するタイプの浄水器が選択され、「複合水栓」とした

時点で、もっともおしゃれなものが自動的に選ばれたようです。


ちなみに水栓は「グローエ社」製だそうです。

よくマンションなどで水栓がすべて「グローエ社」製であることを

売りにしているチラシなどを見かけますので、まぁいいものなんだと

思います。


浄水器は他にも、水栓本体にカートリッジが内臓されているタイプ

↓こういうの
27.jpg

もあるみたいですけど、太くなって見た目おしゃれ感が減退することや、

カートリッジ容量が小さく3か月ぐらいで頻繁に交換しなければならない、

ということでしたので、まぁシンク下に設置するタイプでよかったのかな

と思います。


次にレンジフードです。

我が家は玄関から階段を上がってくると、すぐにキッチンですので、

キチン台の表面やレンジフードなど、パッと目に入る部分を、いかに

スタイリッシュにするかが課題となっています。

そうした中、ショールームに展示してあるレンジフードがどれも

おしゃれでしたので、「こんな感じのをつけたいです」というと、

富士工業の「アリアフィーナ」という製品だそうで、

フェデリカ」というタイプを取り付けることになりました。

「アリアフィーナ」はよく雑誌でも見かけますし、ブログでも

「憧れの」という接頭語とともに見かけますので、知ってはいました。

まぁ、機能や性能は分かりませんが、見た目おしゃれなので「よし」です。

富士工業のHPを見ると、姉妹品で廉価版の「アリエッタ」というタイプも

あるようですので、そちらでも別にいいと思います。


次に食器洗い機です。

食器洗い機は、よくブログで「ミーレ」のものが憧れられていますが、

我が家も妻が「ミーレにした」と言っていましたので、ミーレにしました。

もともと狭いキッチンで、45cm幅しか取り付けられませんので、

国内メーカーの引き出しタイプでは、容量がなさすぎます。

他にも45cm幅でも十分な容量をとれる海外メーカーもあるようですが、

もっともメジャーでアフターケアもよかろう、ということでミーレに

しました。


最後にIHです。

妻が、IHは国内メーカーのものと決めていたので、とりあえず

パナソニックのものにしました。

ただ、私は初めて聞いたのですが、ドイツの「ガゲナウ

というメーカーのIHが大層おしゃれだそうで、まだ選択肢として

捨て切れていません。

金額的にもパナソニックのものと変わりませんし、たぶん魚焼き

グリルも使いませんので、今後「ガゲナウ」が採用される

よう、頑張っていきたいと思います。


ガゲナウが気になる方もそうでない方も
クリックをおねがいしーまーす。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2012/07/18 00:21] | キッチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ショールームに行く。で、ほとんど決める。
平成24年7月14日(土) 三連休の初日に建築家Kさんと

「KITCHEN HOUSE」さんの名古屋ショールームに行ってきました。

狭い敷地、狭い家の中で、もともとキッチンとダイニングは、

雑誌などを参考に、一体となった配置を希望していました。

で、基本設計の段階では我が家のキッチンはこんなです。
21.jpg

シンクとダイニングテーブルが一体でペニンシュラ型で、

壁側にIHを設置する台があるって感じです。

ですが、ダイニングテーブルと一体になったシステムキッチンは

各メーカーあまり作ってないようです。雑誌などを見ていてもだいたい

こんな感じで、ダイニングテーブルを横に配置しています。

(配置のイメージは我が家に近い気がします。)
22.jpg

これはこれで全然悪くありませんが、そんな中「KITCHEN HOUSE」は

「カスタムキッチン」を売りにしているようですが、その基本配置と

となる15パターンの中に、我が家のイメージに近いものもあります。

↓これです。(ポポラートという配置らしいです。)
23.jpg

これです。こういう感じです。

(我が家の場合は、調理スペースを20cm掘り下げることで、

 ダイニングテーブルが高くなってしまう点を解消していますが)



もともと「KITCHEN HOUSE」は知りませんでしたが、Kさんから

紹介いただき、とくにメーカーにこだわりもありませんでしたので、

「KITCHEN HOUSE」のキッチンにしました。


前置きが長くなりましたが、こんな感じでショールームにお伺いする

こととなりました。

ちなみに営業の方はめちゃくちゃイケメンでした。


ショールーム内はとっても涼しく、子供を遊ばせておくスペースも

あって、とっても良かったです。上の子(4歳)は約3時間もの間

お利口にひとりで遊んでくれていました。


最初に「KITCHEN HOUSE」について説明をうけました。

すべて群馬県の工場で製造しているだとか、配置、素材、色を組み合わせて

1cm刻みでサイズも対応できるカスタムキッチンだとか、そんな感じでした。



で、さっそくどんなキッチンにしましょうか、ってことなんですが、事前に

Kさんから我が家の図面が営業の方にわたっており、基本的な部分

(シンクのサイズだとか配置)はベースを作ってもらっていましたので、

あとは、素材と色と設備を選ぶだけって感じです。

ショールーム内を見学しながら、色や素材感のイメージを膨らませて行きます。


キッチントップは人工大理石、ステンレス、メラミン樹脂とありまして、

見た目一番おしゃれなのはステンレスですが、傷が付きにくいだとかの

性能面やいろいろな色が選べるという点から、とりあえずメラミン樹脂

にしました。(今後やっぱステンレスに、となるかもしれません)

引き出しなど側面の素材は、鏡面塗装にしました。

色の組合わせは本当に数万通りになるのではないかというほどあって、

木目調や大理石調、単色などいろいろあるのですが、北欧モダンな

イメージを持たせつつ、かわいらしい感じになりすぎないように、

ということで、こんな組み合わせです。

24.jpg

トップは真っ白です。側面は、白と言えば白?水色といえば水色?

て感じです。

これに床をタイルか渋い色合いのフローリングにして、かわいらしく

なりすぎないようにしていきたいと思います。

この日、キッチン回りの設備も(減額調整で変更は十分あり得ますが)

ほとんど決めてしまい、見積もりをもらうこととなりました。

設備面は改めて書きたいと思います。


kithchehouseよさげだな、と思われた方
クリックお願いしまーす(ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2012/07/17 01:19] | キッチン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。