スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
設計監理業務委託契約
平成24年6月17日(日)、前回の打ち合わせから、わずか

1週間後の打ち合わせです。

今回は、下の子(8か月)が突発性湿疹に罹患してしまったため、

ひとりでKさんの事務所にお邪魔しました。


前回の打ち合わせを踏まえ、バルコニーが

7畳になり、その分、リビングが13.7畳と広くなっています。

また、リビングの中にカウンターテーブルや、クローゼットなども

あり、また、吹き抜けもありますので、全体的に納得の間取りです。

19.jpg


ということで、さっそく、設計監理業務委託契約の締結に向け、

まずは、重要事項の説明を受けます。

1級建築士の免状の提示を受けたり、万が一契約を解除する場合の

ことなどです。

また、今後の行程の予定についても説明を受けます。

我が家は3階建てで構造計算が必要+RCと木造の混構造という

ことで、各行程を標準的な期間で進めていっても、来年の7月ごろに

完成とのことでした。


平成24年7月7日(土)、家族4人でKさんの事務所にお邪魔し、

設計監理業務委託契約を締結します。

以前すでに画像を乗せてしまいましたが、この日、事務所を訪れた際、

我が家の模型が置いてありました。

7.jpg

これまで図面では「わからない、イメージできない」とばかり言って

いた妻が、初めて立体像をイメージできたようでした。

で、契約書に記名捺印して無事契約締結です。


間取りについては、細かい点の改善要望を(例えば玄関扉を

引き戸に、とか、玄関の一部を収納に変更とか)お伝えしましたが、

今後は、基本設計から実施設計への家づくりのステップが一段

進むようです。

また、今後は、キッチンやバスなど設備も具体的に決めていく

こととなり、さっそくキッチンのショールームにKさんと

一緒にお出かけすることになりました。


これまで、過去の出来事を思い出しながらブログを書いて来ましたが

次回からはようやくリアルタイムであった出来事を書いていくことが

できるようになります。

次回はキッチンのショールームに行ったことを書きまーす。

スポンサーサイト
[2012/07/15 23:11] | 基本設計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
基本設計(5) 北欧モダンな間取り(パース付き)
前回の打ち合わせで「もっとバルコニーを広く」という要望を

お伝えした結果、平成24年6月10日(日)、プラン④を提示

いただきました。

今回のプラン④では、間取りに加えて「パース(?)」がついてました。

下の図面の左上のマンガです。

18.jpg

「北欧モダン」というテイストが良さそうだ、とお伝えしていますので、

パース(?)には、エッグチェアなんかも置かれちゃったりしています。


今回のプラン④ではバルコニーが10.7畳とかなり広くなっていますが、

狭小地のスキップフロアの家のため、バルコニーの真中で80cm差の

2段構造になっています。

また、バルコニーによって、ダイニングキッチンとリビングが分断

されてしまいました。

パース(?)が付いていたこともあり、LDとKが分断されてしまった

イメージが、普段頭の中に立体的なイメージを全く描くことができない

妻にもよくわかったようで、「これは違うね」となりました。


そもそも、どれぐらいの広さがあれば「広いバルコニー」と言えるか

よくわからなくなりつつありましたが、休日にインテリアなどの

参考にと行ってみた、例の「まちかどへーベルハウス」でみた

6畳のバルコニーは、「まぁこれぐらいあればいいよね」と

(個人的には)思えるぐらいでした。


ですので、バルコニーはプラン③の7.1畳に戻してもらうことに

しました。

また、その際、15畳ぐらいになってしまうリビングの中に、

クローゼットやカウンターテーブルを設置するという、とっても

素晴らしい提案をいただき、プラン⑤を作成してもらうことと

しました。


コンクリート打ちっぱなしの壁に面してカウンターテーブルが

あり、北欧っぽいイスとか置いちゃうといいじゃん、って

感じです。

また、2階にクローゼットができますので、収納スペース確保

のために3階納戸としていた部分を吹き抜けに復活です。


なんか、「バルコニーは7畳ぐらいでいい」と割り切ることで

広いリビングやカウンターテーブル、吹き抜けなど、いろいろと

「あるといいよね」的なものができていいです。



今回の打ち合わせの結果を次回に反映することで、「概ね間取りは

決定ですね」ということになり、次回打ち合わせでは、設計管理業務

委託契約に向けての手続きも進めていくことになりました。

ランキングに参加しています。
クリックお願いしーまーす。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


[2012/07/15 22:37] | 基本設計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
基本設計(4) 広いバルコニー?
平成24年5月27日(日)、前回から1ヶ月間開けての

打ち合わせです。

前回のプランを、自分なりに何万回も組み替えてみたのですが、

今回提示いただいたプランも、我々では思いつかない感じでした。

素人の自分がやると、パズルのピースの組み合わせにすぎない

のですが、やはりプロは全体を見ながらいいように組み立てて

くれます。

前回の要望の概要は

○バルコニーをもっと広く(プラン②では6.8畳)
○畳コーナー不要
○風呂を1階から3階に

このうち、風呂について、我が家はエコキュート設置予定のため、

水圧不安有りと難色を示されたのですが、最近は3階でも水圧に

問題のない高圧タイプが各メーカーから出ており、問題ないとの

ことでした。

で、この結果、ご提示いただいたプラン③の特徴は
①バルコニーをもっと広くという要望に対して、
 2階にバルコニーを2か所設置(7.1畳と4.2畳)
②リビングの真ん中にコンクリート打ちっぱなしの壁
 裏面をカウンター+収納に。
③3階のバルコニーに面したサニタリー(3in1)
ってな感じです。

ちなみに我が家は、室内にコンクリート打ちっぱなしに壁が

欲しい、という妻の家づくりにおける第一優先希望があるため、

RCと木造の複合構造です。1階部分がRCでその上に木造が

乗っかる感じだと思います(たぶん)。

↓こんな感じの部屋が理想です(たぶん)
12.jpg


そのために②の特徴あるのですが、ただでさえ狭い部屋の

真ん中に壁もな~って感じです。

あと、バルコニー2か所ってのも違う感じです。3階にも

あるので、全部で3か所のバルコニーだらけの家にです。


ただ、なんかバルコニーはもっと広くしたいって感じです。

7畳程度ですと、「まぁ広いね」って程度かなぁと。

その結果、以下の要望をお伝えし、さらに改良を加えて

いただくことにしました。

①バルコニーを広く、10畳程度に
 (スキップフロアになっている関係で、1面で10畳
  とれないため、バルコニーの中で段差ができるのですが、
  その点はお構いなしです。)
②復活したリビングの吹き抜けはやめて、納戸に。
 →あれこれしている間に収納が少なくなってしまいました。

1階と3階は概ね納得の間取りになっていました。

あとは2階のバルコニーの扱いだけですが、

なんかどれぐらいあれば「広いバルコニー」って言えるのか

わからなくなりつつなっていました。


次回の打ち合わせでプラン④を提示いただくのですが、

狭い土地のくせして「広いバルコニー」という幻想に

とらわれ過ぎた私たちの要望により、パッと見た瞬間に

「やっぱ違う。これは」という間取りになってしまいました。


「広いバルコニー」に幻想をお持ちの方はクリックを
お願いしまーす(ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2012/07/10 23:43] | 基本設計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
基本設計(3) 畳コーナーとか風呂とか
平成24年4月28日(土)、基本設計の2回目の打ち合わせです。

1stプランに対する要望に対して、2ndプランを提示いただきます。


前回の要望は主にリビングを広く、だとか、畳コーナーがほしい、

といったものでしたが、それに対してのご提案が以下の通りです。

8.jpg

こちらの要望を踏まえつつも、素人の私たちでは思いつかない感じに

まとめていただいています。

この2ndプランでの主な変更点は以下の通りです。

<1階>
○要望を踏まえて、玄関に土間収納を追加。
○サニタリー(3in1)を1階に。
○書斎も1階に。
<2階>
○バルコニーが若干狭くなる。
○リビングが広くなり、畳コーナーが追加される。
○キッチンがアイランド型に。
<3階>
○フリールームが追加される。
○ロフトが追加される。
○バルコニーが追加される。

これはこれでとってもいいプランなのですが、持ち帰り検討

する中で、「果たして本当に畳コーナーはいるのか」という

論点が持ち上がりました。

私的には、あってもいいけど、ただでさえ狭い家を細分化すると

余計狭くなるのではないか。との思いがあり、なぜ畳コーナーが

欲しいのか妻に確認すると、以下のような考えからでした。

○子供が遊ぶためのスペースになる。逆にそこでしかおもちゃを
 広げてはいけない、という区切りにもなる。
○子供が病気になった時などに寝かせておける。

というものでした。

いずれの理由も畳である必要性は全くないため、間取りや

家具の配置等で工夫することで、畳コーナーは不要という

結論に至りました。

また、サニタリーが1階の一番北側に行ってしまいましたが

なんか普通の風呂の配置になってしまったな、という気がします。

1stプランでは風呂が2階で、かつバスコート付きという、

普通じゃない感がありましたが、私たちの要望に沿って1階に

した結果、普通の風呂になってしまいました。

せっかく建築家に設計してもらうのですから、思い切った

部分があってもいいのではないか、という気がします。



ということで、2ndプランに対して、以下の通り要望を

お伝えしました。

○サニタリーは3階へ。風呂をバルコニーに面して配置してほしい。
○畳コーナー不要なため、その分リビングを一体的に広く。
○バルコニーをもっと広く。



ちなみに、現在、リアルタイムでは5thプランまでご提示

いただいており、概ね間取りは固まっています。

その5thプランをベースに作成した模型をいただきましたので、

公開しまーす。

7.jpg


ランキングに参加していますので、ぜひともクリックを
お願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2012/07/09 01:04] | 基本設計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
基本設計(2)
平成24年4月8日(日)、実質的に初めての打ち合わせを

行いました。今回から、打ち合わせ場所は新築の自宅兼

事務所です。

我が家の間取りの要望と、現在提示してもらっている

プラン①の概要は以下の通りです。

<我が家の間取りに対する要望>
①バーベキューができるぐらいの広いバルコニー
②LDKは一部屋ではなく、LとDKがつかず離れずの
 いい感じで。
③子供部屋は最低限の広さでいい。

これに対して、

<プラン①の概要>
1階
 ・幅2.5m、奥行き1.5mの広い玄関
 ・7.2畳の寝室と3.6畳のWIC
 ・4畳の納戸
 ・トイレ・洗面
2階
 ・9畳のDK
  →キッチンは流しとテーブルが一体になった
   カウンターです。
 ・7.3畳のL(吹き抜け有)
 ・7.1畳のバルコニー
 ・浴室・洗面・トイレ(いわゆる3in1のサニタリーです)
 ・浴室に面したバルコニー(バスコート?)
3階
 ・9畳の子供部屋
 ・3畳の書斎

↓こんな感じです(はっきりとは見えません)
6.jpg


当初の要望はすべて満たしているのですが、この日の打ち合わせ

では、以下の点の改善要望をお伝えしました。

①リビングをもう少し広く
②そのために2階のサニタリーは1階へ
③リビング周辺に畳コーナーが欲しい
④玄関脇に土足で入れる収納が欲しい。
⑤3階をもう少し広く使いたい。
 (子供部屋が狭いため、フリースペース的な部分を)


この日は、午後から両親とお花見に行きました。

購入予定の土地は、1軒はさんだ向こう側が桜並木になっており、

その花見をしつつ、両親に事前に土地を見ておいてもらうためです。

8分咲きという感じでしたが、こんな桜並木がすぐ目の前に

ありますので、これから毎年春がとても楽しみです。
1.jpg


できればクリックしてください。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2012/07/07 00:38] | 基本設計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。