スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
土地購入と依頼先を決定する

それぞれの設計事務所にプラン作成をお願いしてから

2週間後の3月10日、まずはKさんのプランをお伺いします。

いつものようにファミレスでの打ち合わせです。


図面を見せてもらうと、こちらの要望はすべて踏まえつつ、

素人の私たちでは想像すらしていなかったプランになってました。


ポイントとしては、全面道路が4mしかなく、普通に3階建を

建てては斜線規制にかかるとのことで、1階を掘り下げた上での

3階建になっています。

また、スキップフロアになっているため、正確には6層構造です。

しっかりとした図面を引いてもらっているため、具体的に

イメージできます。土地は27坪という狭さですが、並みの

広さの家が建てられそうです。

台形の形状ですが、希望もすべて盛り込めそうです。

無料で作成いただいたものとは思えない図面です。
6.jpg

翌日に打ち合わせ予定の組織系設計事務所I社のプランを

お伺いしないことには依頼先の決定はできませんが、

Kさんのプランを見せていただき、ほぼ土地の購入については

心が固まったのでした。


翌日3月11日、I社の事務所にお伺いします。

前日のKさんのプランがとっても良かったため、I社のプランも

楽しみでした。

しかし、見せていただいたのは、「土地の考察について」という

資料で、2階建てでどれぐらいの広さの家が建つか、だとか

南側の道路向かいに背の高い住宅があるため2階リビングが

いい、だとか、現地を見に行った結果の意見・感想が述べられている

だけの資料でした。

話の内容も相変わらず、「家づくりにどんな夢を描きますか?」

みたいな抽象的な話で、一向に具体的な話に進みません。


1時間ほど経ち、妻が「今日は、具体的なプランなどは特にないんですね」

と尋ねると、「うちは契約してからしかプランは出してません。

無料で図面を引いてくれるところを探してまわって、プランばかり

集める人がいますがね。うちは組織でしっかりと検討したものしか

提示しませんので、無料でプランは出しません」とのことでした。


まぁ、それは会社としての考え方でいいんですけど、最初にそう

言ってくれないと、と思いました。

また、先方はそんなつもりはなかったかも知れませんが、あたかも

我が家が、無料のプランを収集することを目的としてきたかのような

言いぶりに、気分を害してしまったのでした。


「理想の家は、お施主さまの頭の中にだけあるのです。私たちは、

ただそれを引き出して、図面に落とし込むにすぎないのです。

だから一緒に理想の家を作りましょう。当社との契約を今日

決めちゃいましょう」

みたいなことを言われ、前半部分は確かにそうかな、と思いつつも、

(特に妻が)気分を害してしまったため、返答を保留し帰宅しました。


I社については、それなりの規模の組織のため、いろいろと意見は

わかれるのでしょうが、ネットでの口コミに誹謗中傷が多かったことも

踏まえて、選考から脱落しました。


この結果、我が家はこの27坪の土地を購入するとともに、

Kさんに設計・監理をお願いすることになったのでした。

3月11日、東日本大震災からちょうど1年が経過した日のことでした。
スポンサーサイト
[2012/06/23 01:45] | 依頼先決定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
3設計事務所にプランをお願いする
土地購入の決定にあたりましては、

○ハザードマップなどから、災害に弱い地域ではないか

○近所に付き合いづらい人が住んでいないか

○生活環境はどうか

など、人によってそれぞれポイントがあると思いますが、

まずは、自分たちが希望するような家が建つのかどうかが

確認できなければ、土地購入を決定することはできません。


土地には様々な法令による制限があり、この制限によって

まったく希望するような家が建たない可能性があるからです。


とはいえ、素人の私たちが、その土地にどんな制限があり、

それによって建物を建てる上でどのような制約を受けるのか

一から勉強して確認しようとすると時間がかかりすぎてしまいます。

なにせ、2週間程度でこの土地を購入するかどうか決めないといけないのです。


そこで、3つ依頼先として検討している設計事務所に、

この土地でのプラン作成をお願いし、土地購入の決定と並行して

依頼先としての決定までしてしまおうということにしました。


まずは組織系設計事務所のI社のオープンハウスが

あったため、見学がてらプラン作成をお願いしました。


ちなみにI社のオープンハウスは、和風モダン

っていうのか知りませんけど、そんな感じでした。


ただ、土地や建物の規模にしてはリビングが

異常に狭いことが気になりました。

お施主さまが納得して決めた間取りなのだから、本人に

とっては全く問題のない間取りなのだとは思いますが、

「どんな暮らし方がしたいのか」など、間取り決定

までのプロセスを重視するあまり、方向を見失って

しまったのではないかと、今、勝手に想像しています。


次に個人で設計事務所をやっているKさんです。

Kさんとは前回同様、ファミレスでお話をさせていただだき、

土地の資料をお渡しながら、「広いバルコニーが欲しい」

「リビングとダイニングはつかず離れずで」など要望を

伝え、2週間後にプランを見せてもらうことになりました。


最後に大物(と勝手に思っている)設計士のKKさんです。

KKさんもオープンハウス見学がてらプランをお願いする

つもりだったのですが、結局、プランをお願いすることなく、

選択候補から脱落してしまいました。


というのも、このオープンハウスが名古屋の比較的中心地に

70坪という余裕の広さがあり、間取りや収納もよく考え

られた感じで、とってもいい家だったのですが、いい家過ぎて

自分たちには、KKさんにお願いすることが、分不相応というか

とても敷居が高いように感じてしまったからです。


この結果、最終候補が2つに絞られました。

それぞれ2週間後に出てきたプランをみて、この土地を

購入するのか、購入するならどちらに設計を依頼するのか、

を決める感じになりました。


↓クリックをお願いしまーす。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[2012/06/23 00:33] | 依頼先決定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。